熟女BBS

先週の水曜日に友人の結婚式の2次会で会社の同僚の新婦の友人と仲良くなった。49歳の熟女と言っていい年齢でした。熟女掲示板にもなかなかいない美魔女です。しかし、かなりの美形でフェロモンがプンプンしていました。
結婚式に出席していたので、それなりのドレスを着ていたと言うこともあると思いますが。それを指しい引いてもいい女です。
女子アナタイプですね。私は、合コンのノリで彼女を2次会から誘い出しました。熟女の彼女もホロ酔いでまんざらでもない様子でした。
もう、思い切ってホテルに誘おうと決心しました。何を隠そう私は年増の女が好きなんです。 私の心臓は緊張で、破裂しそうだった。これほどドキドキしたのは何年ぶりのことだろう。そして、うまくその熟女をホテルに連れ込むことに成功したのです。
彼女は、酔っているようで、そのままベットに倒れ込みました。
いつのまにか私は彼女にキスをして、息が荒くなるのを必死でおさえながら、素またで発射してしまいました。挿入する勇気がなかったのです。
それ以来、私の中で何かが崩れてしまいました。。私はほとんど毎日のように帰りの遅い妻の目を盗んでその熟女の家に通いました。彼女は、バツイチの華の独身でした。
子供はいないようです。いわゆるその不倫関係は、今も進行中です。
その熟女の肌は、俺の気を狂わせるほどに悩ませた。先走りのガマン汁でぬるぬるになった自分のペニスを彼女のアナルに挿入もしました。
アラフィーの私は、彼女の体をむさぼり、10代の頃のように濃い精液を何度も何度も放った。
妻だけで満足することに限界が訪れるのは、時間の問題だったのかもしれません。
掲示板を見ながらなんとかして口実を作り、彼女の肉体を味わいたい毎日そう思うのです。もちろん妻ともエッチはしていました。気がつくと私は毎日そんなことばかりを考えて生活し仕事をしていたのです。
そしてほどなくして、私の浮気は、キャリアウーマンの妻にばれてしまったのです。
浮気相手が妻よりも年上だと言うことにさらに怒りは増したようです。
女のプライドなんでしょうね。それを私は壊したのです。
結局、離婚調停になり私はたんまり慰謝料を取られました。そして、その熟女の家に転がり込みました。
離婚すると不倫の愛はすぐ覚めると言いますが、今も私たちは毎晩のようにお互いを求め合っています。
熟れた体がたまらなく好きなんです。性癖を解放できて毎日が充実しているのです。いろんな出会いがありますが、結婚式の2次会の出会いは、私にとって最高でした。
このまま、幸せに暮らしたいものです。
話は、変わりますが、熟女アナウンサーの活躍が目立ちますね。アナウンサー30歳引退説も昔の話になったようです。
今は、30歳超えてもきれいな人が多いですからね。アナウンサーの女性は熟女と言われることはどうなんでしょうか?いつまでも若い気でいる人が多そうなので、あまり熟女と言われたくないような気がします。
あくまでテレビを見ているだけの感想ですが。
出産しても復帰するアナウンサーもいますし、結婚してもアイドル的に出演している人もいますね。違和感がありますが・・・。何かの力が働くのでしょうか?
でも、芸能界で生きていくためにはなりふり構っていられないようですね。必死さが伝わってきます。それを視聴者に感じさせたらダメだと思うんですがね。
プライベートの切り売りや誇張したエピソードトークには飽き飽きします。これはグラビア系に多い印象ですが。
やっぱり、一攫千金というか芸能界で当たるとお金がいいんでしょうね。それが忘れられないという感じでしょうか。
今さら、普通の給料じゃ働けないのでしょう。どうしようも無くなれば別でしょうが。
人妻や熟女女性の活躍は今後も続くのでしょうね。まあ、若いだけが取り柄のなんでテレビに出ているのか分からない娘よりはかなりましですけどね。
何を隠そう私は、昨日の誕生日で、42歳になった熟女です。現在住んでいるのは、都内のマンションです。家賃は、12万。趣味はエアロビクスとヨガ。
若い頃にバレエをしていたこともあつて、今でもスタイルには自信があります。でも、主人は転勤族なので、会うのは月に数度。しかも、どうやら私への関心が薄れているようで、連絡はもっぱらメールだけになっています。
よく言う家庭内別居状態かもしれません。私は、今でも主人を大切に思っていますが、主人は熟女になった私。正確には、私の体に興味が無いようです。やはり、若い娘がいいのでしょう。キャバクラに時々行っているようです。
そんな私は、今、浮気をしているのです。不倫の関係になって若返った気持ちで毎日を過ごしていると言ったら、軽蔑されてしまうでしようか。もちろん私も決して自満できることだなんて思っていません。
でも、人生にはいろいろな出会いがあるのです。浮気相手は私を女として見てくれて、私の体を野獣のように求めてくるのです。それがたまらないのです。
女として見てくれるだけで満たされるのです。 それ以来、私も主人に興味が無くなりました。今は離婚を考えています。周りからは反対されています。 ゆっくり考えたいと思います。

私にとっては生まれて初めての痴漢でしたが、意外にも彼女はじっと立っているだけでまったく抵抗せず、いくらお尻をさわってもされるがままだったのです。
途中から目を瞑りだしました。痴女と出会いの始まりでした。
それをいいことに、私は彼女が電車を降りるまで、たっぷりと痴漢を楽しみました。
電車を降りても彼女は振り返りもせず、そのまま去って行きました。夢のような時間でした。
濃い気を優しくさわり、指をパンティーの中にすベり込ませました。
すると、指先にはぬるりとした感触があつたのです。驚いたことに、彼女は私が股間へ指を近づけるその前には、大量のラブジュースを溢れさせていました。
軽く谷間をまさぐってから、その奥へと指を送り込むと、たっぷり濡れているため膣に指がするりと中へ入っていきました。
ぬかるんだ穴の奥はとても熱く、まるで煮えたぎっているようでした。
私が膣内で指を動かすと、彼女は必死に快感に耐えているようでした。背後にいる私にまで聞こえるほど呼吸を荒くさせ、ギュッと何度も指を締めつけてきます。
そのまま電車が停まるまで、指の動きを止めずに抜き差しを繰り返していると、彼女は足元をふらつかせながら電車から降り、いつもと同じように振り返ることなく足早に立ち去っていきました。
本当にドMな熟女OLです。いつか痛い目に合うんじゃないかという恐怖とまだまだ大丈夫という思いが交錯していました。
私の指には、アラフォー女が残していったねばりつく愛液と、やや生臭い匂いがこぴりついていました。それにやたら熱い膣の感触まで、はっきりと指に残っています。
おそらくは彼女も私に痴漢をされてかなりの刺激を味わったのだと思います。それからは私の前に現れるたびに、ミニスカートを履いて私を挑発するような感じでいることが多くなりました。
すっかり私は彼女に痴漢をすることが習慣となり、帰りの電車ではとりあえず彼女を探し出すことから始まりました。
互いに名前も知らず、彼女がどこに住んでいるか、またどこの会社なのかもわかりません。
私には彼女が何を考えているのか、いまいちわかりませんでした。
そうした関係が半年は続いた、ある夜に、どうしても私は彼女の素性を突き止めたくなり、電車を降りたあとの彼女を尾行してみることにしたのです。
いつもの駅に降りた彼女は、まっすぐに夜の繁華街へ向かいました。それから1人で飲み屋に入り、日本酒を飲みはじめたのです。おつまみも少々食べていました。
もしかして彼女にも恋人がおり、あるいは私と同じような既婚者かもしれないと思っていたのですが、どうやら思い違いのようでした。
深夜の飲み屋で1人で日本酒を飲んでいる、さびしげなお1人様の姿でした。寂しい熟女です。
逆に、私にとってはお近づきになるチャンスです。彼女の席まで足を運ぶと、思い気って声をかけました。
3年前に離婚して、そのまま独身で、孤独な生活を送っていると打ち明けてくれました。
それで彼女は寂しさをまぎらわせるため、私のような痴漢の手に身を委ねていたのでしょう。しかしいくら顔を合わせて話をしていても、私が毎日痴漢をしている男だとは、思っていないようでした。
しばらくお酒につきあってあげたあと、私は居酒屋を出てホテルに行かないかと誘ってみました。
すると彼女は待ってましたとばかり、私の誘いに応じてくれたのです。妻以外の女とのセックスは10年ぶりです。それが年増の熟女であっても彼女を抱くことは私の念願でした。
夢がかなっと行ってもいいでしょう。私の興奮は、MAXに達する寸前でした。
そして、近くのホテルに入っていきなり彼女を求めました。出会ってから約10か月まさかこんなことになるとは思ってませんでした。熟女掲示板
性病注意です
病気の熟女